ジュンジマン日記

junjiman.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

森林セラピー。

昨日は、小谷村体育協会主催の『村民ウォークラリー』
北小谷駅から2つの峠を超えて、全長で14㎞もの山道を歩き抜くという、サバイバルなウォーキング?登山?
保育園のこどもから、70代のじじ・ばばまでが参加する。
本当にサバイバーなこのウォーキングだけど、本当に昔の人はすごいね。あんな所に道つくっちゃうんだから。
でも癒し効果は最高です。この森林セラピーの地域として指定された村の中でも、極めて高い効果が期待できます。
ちょっと天気が心配だったけど、歩きまくりました。こんな企画でも無ければ、この村の人でも行った事なんか無いような場所だから、本当にいい企画だよね。
参加された村民のみなさん、お疲れさま。
e0058118_1573797.jpg
e0058118_1575798.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-28 15:01 | 小谷村
『ちびっ子レッスンー2』です。

ちょっと前までのちびっ子のレッスンって、親達が思いきり滑る為の託児みたいなもんだったけど、最近の保護者の方はずーと見てたり、ビデオや写真撮ったりしてる方が多いですね。それが家族サービスみたいなもんで、その日のお勤めみたいな感じだと思うんだよね。
前は「親が見てると甘えるから、見えないところにいて下さい」なんて言ってました。たしかにそういう事もあるんだけど、いろいろあると思うんだよね。
普段なかなか見てる時間が無いから、見ていたいって事もあるとおもうし、こども達も見ていてもらうと頑張れるって事もあるしね。
ただ、気が散ってレッスンの邪魔になる事はあります。でも遠くで遠慮しなら撮ってたりして、こどもが目で探したり集中出来ないよりは、逆に一緒になってレッスンを盛り上げてもらえる方が、一体感も出てレッスンの楽しさも分かち合えるんですよね。
だから、よく「お父さんお母さんも応援してくださいねー」って声をかけるようにしています。
どんなスポーツでもそうだと思うんですけど、親が好きでやっていたり、興味がないと、こどもも好きになったり、興味をもったりはしないですよね。
特に小学校低学年までは、親と一緒だから楽しいとか、友達がいるから行きたいとか、出来るようになると親が喜んでくれるとか、自分の思い意外で頑張れるって事も多いですよね。

あとはグッズで頑張れるって事もありますね。
好きな色のスキーだったり、かっこいいヘルメットやゴーグルだったりすれば、仮面ライダーに変身したみたいに、自分が強くなったような『勘違い』をします。
この『勘違い』てのが大事です。自分が出来るんだ!って思い込みとか、これさえあれば負け無いって武器みたいに感じるものがあれば、予想以外の頑張りを見せちゃう事が多いです。
もちろん体調、御機嫌って事が大きいのですが、Vol.1でも書いたように、テンションの上げ方が大切です。最初から楽しいとか、出来るとか思わせる事が大切です。

今、どんなスポーツでもメンタル面ってのがすごく大事にされています。
御機嫌ばかりとっていても、なめられるばかりでだから『飴とムチ』じゃないけど、厳しいところと楽しいところを上手く使い分けてく事が大事だなーって思います。
言ってやらせるって感じよりは、一緒にやってみせるとか、一緒に楽しんで同じ体感をするって事が、こども達が一番頑張って出来るって事かな?
[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-24 17:50 | スキー

ソフトギム。

今年から、栂池スキー学校と協力体制ができたました。
バランスボールの(株)ギムニクさん。
バランスボールっていってもいろいろあって、トレーニングの仕方も様々。
こんなに奥深いものか?と思うぐらい、ストレッチから筋力UP、リハビリ、バランストレーニング、ビデオ・DVDやブックでもいろんなトレーニングが紹介されていますが、使い方は自由。
考えて使えば無限の可能性がある。たとえば僕が最近ハマっているのが、直系26㎝ぐらいの『ソフトギムニク』このボールは付属のストローで空気の量を調節しながら使うんだけど、小さくて何処へでも持って行けるし、ちょっとした時間でトレーニングが出来る。
僕は膝の靱帯を損傷していて、だいぶ前にやったんだけど、もう癖みたいになっています。スキーや野球で無茶しすぎてしまって、いつも調子を見ながらやってるんだけど、太田ドクターと相談して筋力UPを始める事にしました。
毎日、寝る前の布団に入ってテレビを見ながらなんだけど、これがけっこう効果があるんです。膝の間に挟んだり、仰向けで腿の下に挟んだり、空気を抜いて腰の下にして足を上げて腹筋とか様々なトレーニングが出来るのです。
他にも空気を抜いたものに片足のせてスクワットしたり、腕立ての片手の下にすれば倍の効果があるそうですし、付属の説明書にもトレーニングの仕方が載ってるけど、本当に何でも出来るよ。
持ってるだけで楽しくなる感じ、会社でも家でもちょっとした時間で工夫しだいで何でも出来ます。もちろん他のボールもいいけど、これは絶対一人一個持っていたい感じがします。
また、サマーキャンプとかでトレーニングの仕方とか説明していきますね。
e0058118_9474910.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-22 08:59 | スキー

カワバタくん。

土曜日、小谷キッズ(小学生の野球チーム)の練習を見にいったよ。
チーム監督はタカシさん(僕の野球仲間であり、この村の大先輩)、コーチにケイイチ(僕の義弟、クロカンのコーチもやってるよ。06’スペシャルの初めてやったクロカンでお世話になりました。)、そんで去年までは、山留の指導員だったクマさんと小谷村の方言しか喋れない外人と呼ばれているヨシイもいたんだけど、2人いなくなっちゃたんで、今年から新しくカワバタくんがコーチとして加わったのです。

このカワバタくん、見た目は怖いんだけど、元ベイスターズの監督の牛島と元ホークスのドカベン香川の後輩。
あの強かった時代の浪商野球部、スキーでいう白馬高?くらい本物なのです。
野球エリートだったカワバタくんが、どんな教え方するんだろう?って興味もあったけど、この日はあいにくの雨、体育館での練習となりました。
ゴムまりを使って素手でキャッチボール。両手、片手、距離をとってワンバン・・いろいろやっていたけど、難しい事しないで簡単でみんながわかりやすい、まとまりのある練習だったな。さすが・・って感じがしたな。
こども達と何かやるって事じゃ僕もプロだと思っているけど、カワバタくんもプロだわ。
カワバタくんは宿やってます。『ロッジ フィールド』っていいます。
野球チームの合宿とかいいと思うな。いい芝のグランドあるし、僕とカワバタくんでお手伝いも出来ますよ。


e0058118_8424730.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-22 08:40 | ベースボール
新連載始めようと思うんです。
タイトルはもろパクリ!! ちょっと技術系でね。

第一回目は『初めてのちびっ子レッスン』
この世界は本当に難しい。レッスンマニュアルはあるんだけど、さまざまな事件が毎回おこってしまう。
通常は、体操→スキーを着けて歩く→まっすぐ滑る→ブレーキ→ターン→リフト
体操は初めて着けるブーツなどで非常に動きにくく、それによるストレスなんかも感じているから、簡単な動きで始めます。
もう宿から歩いて来た事でテンションの下がっている『おともだち』もいるから、今日は頑張るよ〜みたいなテンションの上がる動きを考えなくちゃいけないんです。
僕がよくスタッフのみんなに言うのは、マニュアルはあるけど、それは一つの例であってやり方は自由。
とにかくこども達に触れて、目線を下げて、引き付ける事が大切なんです。だから最初の挨拶、体操でジャンプしたり体をぐるぐる回したり、単純な動きでどれだけテンションを上げられるかが、その日のレッスンを大きく左右すると言ってもいいでしょう。
いつか『めざまし体操』のようなオリジナルの体操を作るのが僕の夢です・・

次にスキーを着けて歩くなんだけど、まずスキーを着ける事から始まります。
昔なら谷足からとか、低い方の足からとかって教えていたんだけど、そんなの分かる訳有りません。
だって普段、山や谷なんて見ね−じゃん。イメージ出来ないよ。履ければOK。
ここで細かい事は言わない、ただでさえ身動きのとり難い、重たいものを着けていかなければならないので、ここで無理やり自分でやらすとか、出来るまで次にいかないとかはしません。しつけじゃないもん。
煩わしさを感じさせないように、「簡単なんだ」「出来るんだ」と感じさせてサラっと次に行きたいですね。こども達は回りを見て、思っているよりも早く自分で出来るようになっちゃうんです。
そんで、ストックを持たせて歩くんだけど、ストックは正確にストラップに手を入れて一緒に握るように教えます。これは正確に持たないと手が下がってしまい、力が入らず、上手く使えないのです。「こうすると、こうだろ」ってな具合で教えてやると、すごく使いやすくなるので、「さすが、先生」って感じになるのです。
片足着けて歩く事で滑らす感覚を覚えていきます。徐々に長い距離を片足で滑る事で雪の感覚とかスキーのエッジの感覚を体でつかんでいくのです。

さあ、やっと滑ります。
まっすぐなんだけど、ブレーキなんかどうでもいいの、転び方とか起き方とか教えたりもしたけど、そんなの理屈教えたって出来ないよ。けっこう何とかするもんです。
スタンスを広く、まっすぐ滑れればOK。徐々に三角がつくれて、なんとなくスピードをコントロール出来てるぐらいで充分です。
今はスキーもブーツもよく出来ているので、無理に過重する事とか教えていく必要なんかありません。カービングだし、行きたい方向に体を向けていく事が出来ればターンが始まります。
ターンがなんとなく始まれば、切れ上がってスピードを落とすことが出来るので、無理に三角からテールを広げて止まる方法を教えなくても大丈夫です。
ただ、こうしたら止まる事が出来るんだよ、っていう安心感だけは与えておかなくてはいけません。

ここまで来たらリフトかな?何といってもリフトに乗る事が最大の目標なので、午後には最低でもリフトに乗って、一本滑り下りたという達成感を感じさせたいのです。

栂池って本当に恵まれているゲレンデだと思うんだよね。
ちびっ子エリアとか遊具置いて派手にしているところもあるけど、そりゃぁ滑るところじゃ無いもんね。
欲言えば、リフト前がもう少し広けりゃいいけど、こんなに緩斜面で広いゲレンデなんてなかなか無いでしょ。ちょっと滑れるようになったら、ゴンドラ乗って林道下りてきたら、ちょっとしたツアーだって出来ちゃうし。
横が広いってのがいいんだよね。恐怖感を感じにくいし、初心者、初級者が抜群に上手く滑れるようになる環境なら日本一かも・・言っちゃた!

まあこんな感じで、次回はちびっ子レッスンのこども達のメンタル的な事でいこうかな? また質問とか御意見くださいね。
[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-18 10:00 | スキー

春山は最高だよ。

5月4日・・スキーです。
前日の酒も残ってるけど、スキーです。
3日、塩の道の打ち上げPM1:00ぐらいから始めたかな?
いい感じでまったりと飲んでいたけど、気がついて時間見たらPM9:00だったな。
8時間労働だよ!! いやぁ、そんなにやってちゃいけねー
途中から時間の感覚ないもん。そんで、うたた寝だよ。
気がついたらAM3:00アホか俺は?
でも、スキーはく時は違うんです。残っていても爽やかな顔しちゃうんです。
約束した時間にちょっと遅れちゃったけど、いきましたよ。
あっちーって感じで、雪もベタベタ。でも滑れるだけいいかな。
安多家・中野家とご一緒に、スぺちびのツートップ、ゴウちゃん・カンちゃんの調子を見ながらね。
ゴウちゃんの強いリクエストでロープウェ−で上に行く事になりました。
最初はみんながノリ気って訳じゃなかったけど、上に行ったら山は見えるしテンション上がったなー
せっかくだから、山荘まで行くか?って事になって上り始めたんだけど、ゴウちゃん、カンちゃんの電池も限界。
ごまかし、ごまかし、ひっぱって・・僕達のテンションは山も見えてくるし上がっちゃうんだけど、ゴウちゃん、カンちゃんのテンションは↓気味。
何とかアイスで釣ってったんだけど「アイスが無い〜」だって。
でも、そこはパパママ何とかごまかして・・僕達はビールでね。
春スキーっぽく、ゆっくりまったりしてしまいました。
e0058118_835939.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-09 22:34 | スキー
塩の道つながり3発目。おねぇさん達待ってた?
僕達、戦い終えた戦士のように?飛脚から帰って来ると、雨中(って役場とかの地区の事)のおねぇさん達、塩の道のお疲れ一杯やってるじゃないっすか。
赤フン姿の僕達を御指名頂きました。
せっかくなんで一杯頂いて帰ってきたんだけど、みんな祭りとか綱引きとか行事やイベントには、良くまとまって、みんなで一緒に盛り上がっています。こんなにみんなで、特にかあちゃん達でまとまってる地区は小谷に無いかも・・
まとまってるだけに、ちょっと怖い時もあるよ(笑)
でもごちそうになってしまいました。腹減ってたしホントうまかった。
次の日は花見だったんだって、桜は散っちゃったけど、雨中の花(おねぇさん達)はいろんな色に咲いているから楽しかったでしょ。

e0058118_9335928.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-09 09:34 | 小谷村

1・2 ひきゃくぅ〜♪

うっす。
塩の道つながり、2発目です。またまた今年も『飛脚』です。
僕達の中でも今年は「そろそろやめようよ〜」なんつー声もあるし、じゃぁ有志で参加って事にして・・っていちお〜中間の意見で当日になるんだけど、やっぱりやっちゃうんだよね〜。
なんつーか、やるとその場のノリと空気と注目がたまんないんだよねー。
俺達はそろそろいいかなーなんて思うけど、若いやつらは「やりたい!」ってすぐ言うもん。でも、やんないとやってるやつ見て寂しくなるし、やっぱやんないとね!!

今年は凄いよ。
俺達いつものメンバーに加えて、冬からやりたいって言ってくれてたアイカワさん(詳しくは、ジュンジマン日記2007.2月 「御指名ありがとうございます」ジュンジマンです!を見てね。)
そんで現役スキーコンバインド選手、昨年まで白馬高だった大学生トリオも当日エントリー。
早稲田のアキト(白馬高2年の時にトリノに出たんだぞ)コウヘイ(俺の甥っこ、バンクーバーを目指してます)と京産のカズキ(シンヤの後輩、今日は先輩もいたから頑張ったかな?唯一女を知ってる??)
このスーパーアスリートチームの参加でだんぜん盛り上がったよ。
もおぅノリノリで「1・2、1・2 飛脚、1飛脚、2飛脚・・」かけ声が元気だもん。
昔のスキー選手とちがって、ジャニーズっぽいし、カメラもみぃーんなそっちいっちゃうし、さわやかさが違うね。
俺達はまん中の千国神社までなんだけど、やつら物足りないらしくて栂池まで走っていっちゃったもん。
来年もやらしてくれだって、3人今年頑張って活躍して、来年やる時はみんなが知ってるくらいになってりゃいいな。
この3人を見かけた方、ぜひこれから応援してくださいね。彼らの夢は『ジャンクスポーツ』に出る事らしい(笑)・・・ 


e0058118_10484141.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-08 10:48 | 小谷村

第28回 塩の道祭り。

あざぁーす。
また、今年も『旅の道具屋』でございます。
この小谷村の千国街道コース、栂池までの約9㎞の山道を歩く為のサポートをさせて頂く為に、巧の技を活かし、転ばぬ先の杖、そして時には心の支えにもなるとも言われている『塩の道杖』、そして暑さから体を守りUV加工もされている『塩の道笠』を販売させて頂きました。
さあー、あなたも今すぐお電話で・・・
e0058118_9153688.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-07 09:26 | 小谷村

常葉菊川VS小谷リーグ。

春の選抜優勝の常葉菊川知ってます。
その菊川市(旧小笠町)との親善野球も何回目だろう?
最初は村が姉妹都市として向かい入れていたんだけど、もう今じゃほとんど個人的なつながりの方が大きいかな?
村のリーグとはこの2日に野球やって、3日塩の道参加ってのが毎年のスケジュール。
そうだ! 塩の道繋がりだった。
毎年同じメンバーで来るから、ほんといい付合いですね。
なのに、また雨だったんです。去年も雨で野球はできず。秋に僕達が行った時も雨・・んで朝5:00からむりやり試合やって今日もじゃ盛り上がんないし、んんんーって感じ。
でも午後は回復するっていうから何とかピンポイントに・・またピンポイントだよ。

※時間が無いからまた続きはあとで・・飲みに行ってきます。

いや〜、すんません。
いろいろスケジュールをこなしているうちに、GW明けちゃったね。
菊川との試合からね・・そう強硬してやったんです。
せっかく交流に来てやんないのもつまんないし、出来るだけでって事でやりました。
雨降ってるし、グラウンドだって濡れてるし、交流だしね、ボチボチやりゃーいいんだけど、菊川のおっさん達も僕達リーグの野球バカも、始まっちゃうと思いっきりやっちゃうんだよね。
菊川のおっさん達は40代が2人、50代が3人、んで60代が2人だもん。小谷リーグから助っ人出してるとしても、本当に好きだしスゴイ!!
盗塁はするし打って打って菊川ペース。
でも最後はうちの助っ人、トミ−とテツがちゃぁんと試合を崩して四球の連続。
試合もサヨナラで終わって、泥だらけなんだけど、きっちり7回までやっちゃて「いい試合だったなー」だって!
そんでその親睦会の飲み会に行ったって訳です。そんでその飲み会も「この、おっさん達は・・」っていうぐらいパワー全開で飲んでいたなー。
だって最後は机持ち上げちゃったもん。 おしまい。
e0058118_93869.jpg

[PR]
by junjiman4357 | 2007-05-02 18:09 | ベースボール

スキーを中心に小谷村でイベント屋として活躍してます『自分が楽しくなければ、相手には伝わらない』は僕のイベントテーマ。


by junjiman4357