ジュンジマン日記

junjiman.exblog.jp
ブログトップ

2015 がんばれジュニア-2

いやー昨日は飲み過ぎてしまいましたー
長野県大会週間 地元栂池開催県中終了しました。結果は過去最高!小谷中アルペン部員8人が全中のキップを掴みとりました。
SLで女子フウカ6位、モモ9位 男子ユウ2位、タツキ7位、ツバサ8位、トモヒコ14位
GSで女子フウカ6位、モモ8位 男子ユウ2位、ツバサ6位、リュウノスケ8位、ダイキ9位
ワクが大きかったとはいえ粘りの滑りを見せてくれました。ほとんどの選手が2本目でしっかり勝負し順位を上げる滑りを見せてくれました。
そんな日に飲まなきゃいられないですよねー(笑)

この中2・3世代は僕がジュニアコーチになった頃低学年だったジュンジマンチルドレン(言わせといてください!笑)本当に様々な思いがこみ上げ涙が出てしまいました。
ここまで決して順調な道のりではありませんでした。もちろんコンスタントに成績を残してきた選手もいますが、小学校時代から派手に活躍してきた選手は誰もいません。

3年生はポテンシャルがわりと高く、低学年時から期待していましたが、大舞台に弱く、ユウ以外はなかなか成績に繋がってきませんでした。6年時K-1でシーズン序盤第一シードに男子3人、女子1人いたにもかかわらず終盤失速、ジュ二オリに行ったのはユウだけでした。

2年生はみんな個性的というか、話しをしっかり聞く子じゃなく、たまに良いのかと思えば3日と続かないような、6年生になるまでまったく入賞圏外な感じでしたが、わりと物おじしない子?自己中?なとこが良かったのか、1人の成績が出始めると競り合うように、誰かどうか大会で入賞したり、上位に入るようになってきました。K-1では男子4人も女子1人がシーズン終盤まで第一シードで粘り、ジュ二オリにタツキ、ツバサ、フウカ3人が行きました。

ここまでコーチ間のコミニケーションも方向性も順調ではありませんでした。それぞれが悩み考える時もありました。
そんな中、小学生は密かに1・2年生からの強化も始めた事で、小1~中学生までの連携を意識するようになりました。小学生コーチが中学生を一緒にサポートするようになりました。オフシーズンの陸トレもこの世代から始めました。他チームとの合同練習に出かけたり、迎えたり、大会に行っても他チームに友達でありライバルである存在を意識するようになりました。中学生は松本相澤病院の先生に定期的に見て頂き体幹のトレーニングも始めました。コーチがそれぞれの立場でカテゴリーを分業する事で遠慮する事無く思い切って指導する事ができました。平日のコルチナナイタートレもゲート練習ができない事もあって、割り切って基礎トレにあてる事ができました。中学オサムコーチ・小学ミノルコーチ中心に僕、カズタカコーチに若いカズヤコーチが加わりいろんな考え方やメンタル、マテリアルのフォローをしてきました。
村外選手の受入れも始め切磋琢磨する事で、保育園から変わらない仲間の中、新しい風を入れてもらう事ができました。

一人全中に行けなかった1年生のアカリは、小5で転校してきた時にスキーの履き方から教え、半日かけリフト一本滑る事が出来るようになった子です。中学のスキー部でやってる事がキセキですし、長野県の県中で真ん中の順位にいる事もキセキです。しかもスキー歴3年目でSLでバンバン逆手やって攻めてますから・・特別です。
それこそ中3で全中行く事になっちゃったらニュースになっちゃいます。コーチ全員インタビューされますよ(笑)

もちろん、地元開催始め、いろんなタイミングが重なっての成績だと思いますが、ここまで失敗、悔しい思い、焦り、ケガ、いっぱい繰り返しました。それだけに滑ってくる一人一人にドラマがありました。
ミラクルもありましたが、権利を掴んでも悔しい思いをした選手もいます。ただ1本目で掴んだリバースのチャンスを2本目も守る事無く攻め、ほとんどが順位を上げ権利を取りました。いろんな思いがこみ上げ泣いちゃいました。

さあ全中です。大鰐です。行っちゃいますよ!
ここまでお世話になったスキー関係の皆様、学校の先生方、保護者の皆さん、小谷村の皆さん応援ありがとうございました。全中でも小谷旋風巻き起こしてきますよー!
[PR]
by junjiman4357 | 2015-01-19 19:10 | スキー

スキーを中心に小谷村でイベント屋として活躍してます『自分が楽しくなければ、相手には伝わらない』は僕のイベントテーマ。


by junjiman4357